ピンボール海物語4

社会人の方へ

レジリエンス研究教育推進コンソーシアム
参画機関にお勤めの方

早期修了プログラム(博士後期課程)

このプログラムは,一定の研究業績や能力を有する社会人の方を対象に,標準修業年限が3年である博士後期課程を最短1年で修了し,課程博士号を取得させるものです.

本プログラムの履修にあたり,リスク・レジリエンス工学学位プログラムが指定している論文数は,次の通りとなっています.

  • 査読付き学術論文1編以上(筆頭著者であることが望ましい)
  • 口頭発表資料2編以上(査読付き国際会議論文が望ましい)

また,本プログラムの履修を認められた場合,取得すべき最小単位数は以下の合計12単位です.

  • 特別研究 6単位
  • 特別演習 2単位
  • その他科目履修 4単位

詳細につきましては以下のファイルをご覧ください.

ならびに「早期修了プログラム運営事務局」が提供している社会人のためのもご覧下さい.

昼夜開講プログラム(博士後期課程)

このプログラムは,社会人の方が在職のまま東京キャンパスにおいて教育を受けることができる昼夜開講制で,平成21年度から社会人大学院教育の発展的拡充を図ることを目的として始められました.

研究分野によっては,大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所の協力を得て,指導を受けることもできます.

出願資格は,システム情報工学研究科博士後期課程社会人特別選抜の出願資格に該当するものとなっています.

入学試験は,8月期ならびに2月期の年2回行われます.

詳細については募集要項()ならびに,をご覧ください.

社会人特別選抜(博士後期課程)

リスク・レジリエンス工学学位プログラムでは,博士後期課程の社会人特別選抜を,8月期ならびに2月期の年2回,つくばキャンパスの他,東京キャンパスにおいても実施しています.

詳細は募集要項() およびにてご確認ください.

東京キャンパス所在地
東京都文京区大塚3-29-1 ()

お問い合わせ

メールにてお問い合わせ下さい.

お問い合わせの際はメールアドレスの"at"を@に変えてください。

社会人受け入れおよびプログラム全体に関してのお問い合わせ

inquiry"at"risk.tsukuba.toyotamdn.com

その他入試関連のお問い合わせ

entexam"at"risk.tsukuba.toyotamdn.com

Go to Top